国立循環器病研究センターと
ヒガシマル醤油の共同研究。
おいしい減塩メニューが、
手軽にできる、
かるしおシリーズ。

かるしお万能だし酢 かるしお八方だし

健康的な未来をつくるために。
これからは、減塩食の時代です。

  • 塩分を摂り過ぎていませんか?

    現在の日本では1日の食塩摂取量は、
    10.2g/人と言われています。この数値は、
    食塩摂取目標量よりオーバーしているのです。
    食塩の摂り過ぎは、高血圧や脳卒中などの
    大きな要因のひとつです。生活習慣病予防のためにも、
    食塩摂取は控えめにしたいものです。
    ※ 平成25年国民健康・栄養調査(厚生労働省)

  • 国立循環器病研究センター(通称「国循」)とは?

    循環器病を対象に原因究明と治療法開発を
    行っている、国内唯一の国立高度専門医療
    研究センター(ナショナルセンター)です。
    病院・研究所・研究開発基盤センターが連携し、
    日本最先端の高度先進的医療を提供しています。
    この国から循環器病を無くし、
    みんなが健康でいられる社会をつくることを
    目指しています。

  • 国循のおいしくできる減塩食が、多くの方に大好評!

    「国循の美味しい!かるしおレシピ」
    (セブン&アイ出版)を
    専用スプーン付きで販売し、
    累計37万部(続編含む)突破。

    かるしおレシピ本

かるしおシリーズは、
国立循環器病研究センターと
ヒガシマル醤油の共同研究によって
生まれた商品です。

かるしお万能だし酢とかるしお八方だしは、
濃口しょうゆよりも低塩でおいしく仕上げることができる
淡口しょうゆをベースにした調味料で、かるしお認定商品です。

かるしお万能だし酢 かるしお八方だし

かるしお認定とは?

かるしおとは、「塩分を減らしても、おいしい」ではなく
「少ない塩分だからこそおいしい」という新しい食の考え方。
塩を軽く使って、素材のうま味を引き出す、
京料理がベースになっています。
国立循環器病研究センターでは、少ない塩分で
おいしく食事ができる「かるしお」生活をひろげていくために、
基準を満たした商品には、かるしお認定を行っています。