淡口しょうゆ発祥の地・龍野

淡口しょうゆが生まれた龍野から。わたしたちの情熱を形にかえて。

城下町の面影が残り、播磨の小京都と呼ばれている兵庫県の龍野。 揖保川の伏流水、播州平野の米と小麦、大豆、赤穂の塩。 しょうゆづくりにふさわしい、多くの自然に恵まれたこの場所で、ヒガシマル醤油は淡口しょうゆを大切に育ててきました。 4世紀にわたり培ってきた、確かな伝統と技術を糧に、みなさんに喜ばれる商品づくりを続けていきたいと思っています。 通信販売でお届けする、しょうゆ、つゆ類。 すべて選びに選んだ素材から生まれる、とっておきの品々です。

  • 限定醸造淡口醤油「龍野乃刻」

    春に仕込んで、秋に搾る。
    一年に一度だけの淡口醤油。

  • 自然の恵みから生まれた醤油「龍野の里」

    ここだけでしか手に入らない
    龍野ならではの逸品。

  • 特上うどんスープ のれん味

    上質のだしをふんだんに使い、
    顆粒状に仕上げたうどんつゆの素。

天正年間(1573〜1592年)幾久屋の屋号で醸造を開始したのが、当社の創業です。